BATTLETECH バージョン1.1.0 ベータ版リリースノート 2018/6/18

パラドックス公式フォーラムにBATTLETECH(バトルテック)バージョン1.1.0(ベータ版)のリリースノートが掲載されていました。

Last month we talked about what's next for BATTLETECH, and outlined some key items we were working on for our first larger free Update to the game....

内容について見ていきたいと思います。

これまでの開発元であるHBSの傾向から、上のリンク先にあるベータ版の記事は正式リリース後には削除される可能性があります。
以下パラドックス公式フォーラムの内容を意訳したものとなります。

BATTLETECH 1.1.0ベータ版 リリースノート(2018/6/18)

冒頭のあいさつ

先月、BATTLETECHの次の取り組みについて話をし、より大きな無料のゲームアップデートのために取り組んでいる主要項目の概要について説明していました。

さて、私たちは、SteamとGOGのpublic_betaブランチにUpdate 1.1.0を公開しました。
このアップデートは、プレイヤーの体験をカスタマイズするためのより多くの方法を提供することと、ゲームについてユーザーから寄せられたフィードバックに対応する内容となっています。

また、BATTLETECHの全般に及ぶ最適化と一般的なバグフィックスも含まれています。

先月に述べた項目のほとんどがこの1.1.0リリースに入ったことを報告できうれしく思っています。
項目の1つである「チュートリアルスキップ」機能は今回含まれていませんが、それはまだ次のアップデート時のロードマップ上にあります。

先月に述べた内容に加えて、ウルトラワイドウインドウモニターのサポートやゲーム体験の質をさらに向上させるなど、もっと多くのことがもたらされています。

リリースノートを以下で紹介します。

以下、β版をテストする方法が記載されていますがカットします。
Steamの場合ライブラリから右クリック→パネルオープンでβテスト参加を選択してください。

以降ではリリースノートの一部を抜粋して紹介します。

BATTLETECH Ve1.1の新しい機能と内容

MechWarriorのカスタマイズ

プレイヤーは、傭兵会社のすべての非「Ronin」である MechWarriorsの外観、コールサイン、名前、代名詞、声をカスタマイズできるようになりました。

初期に配備されているMechWarriors(Behemoth、Dekker、Glitch、Medusa)は現在Roninとみなされています。

細かい難易度の設定

[設定]メニューからいつでも調整できるさまざまな難易度設定を追加しました。

  • Lethality(致死性) – 有効にすると、戦闘で行動不能になったMechWarriorsは常に死亡する。
  • ‘Mech Destruction(メックの破壊) – 有効にすると、センタートルソの破壊で動作不能になったMechsは永久に失われます。
    この設定は、ベテランプレイヤーやチャレンジを求めている人を対象としています。
  • No Rare Salvage(希少なサルベージなし) – これを有効にすると、サルベージ結果として+と++アイテムが出現しなくなります(ただし、ショップでの購入は可能)。
  • MechWarrior Progression(メックウォリアーの成長度) – 各ミッション後にMechWarriorsが得る経験値の量を調整。
  • Advanced MechWarriors(メックウォリアーの拡張) – ゲームの後半でHiring Hallに登場するより強力なMechWarriorsの頻度を増減します。
  • Enemy Force Strength(敵の強度) – 契約ミッションにおける敵軍の強さのベースラインを増減します。
  • Contract Payment(契約の支払い) – ゲーム全体で契約によるC-Billの支払額を増減する。
  • Salvage(サルベージ) – 契約ミッションにおいて交渉から得られるサルベージの量を増減します。

新しいカスタムキャンペーンモード

次の追加された難易度設定は、新しいキャンペーンを開始するときにのみ調整できます(メインメニューから新しいゲームを開始するときに[カスタムキャンペーン]を選択)。

  • アイアンマンモード – キャンペーンは、進行中に自動的に更新される1つのセーブゲームスロットに制限される。
    資金が使い果たされたり、優先ミッションに失敗したりするとゲームが終了する!
  • Unequipped ‘Mechs – Mechsをパーツからではなく空のスロットから完成させることを可能にする。
  • Parts for ‘Mech Assembly – 新しいMechを組み立てるために回収する必要のあるMechパーツの数を増やす。この設定は、ベテランや厳しいチャレンジを求めている人向けです。
Unequipped ‘Mechsの項目ですがちょっと意味がわかりにくいです。
一度手に入れたメックはパーツなしの状態からでも作れるということでしょうか・・・?

スペースバーで現在のアクションを加速

プレイヤーはスペースバーを押すことで、現在のアクションを大幅に加速することができます。
アクションが完了すると、ゲームのスピードは正常に戻ります。

すべての戦闘アクションを加速するスピードアップモード

ゲームプレイ設定メニューに、戦闘を大幅にスピードアップするオプションを追加。
この設定はマルチプレイヤーでは無視され、ストーリーダイアログはキャンペーンミッション中に再生されます。

一般的な戦闘速度の最適化

新しいスピードアップオプションを使用しないときでも、ターン時間を短縮すします。
さらに、CombatGameConstants.jsonを改造して戦闘結果の一時停止とカメラの遷移時間の設定する方法を公開しました。

戦闘アクションと選択を右クリックしてキャンセル可能に

戦闘中(ボタンを押し下げることなく)に右クリックすると、ESCキーのようになり、現在のアクションまたは選択から後退します。

MechLabの機能改善

以下の追加を含みます。
さらなるUI改善については、UIセクションを参照してください。

  • MechLabからストアへと直接アイテムを売買するためのショートカットボタンが用意されています。プレイヤーはMechLabを離れずに武器、装備、弾薬を購入できます(アイテムを購入する場合は軌道上画面からショップに移動する必要があります)。
  • プレイヤーがMechLabで作業している間に、作業オーダー実行中の合計C-Billコストが表示されるようになりました。
  • Mech BayとMechLabのすべてのMech Ratingバーのツールチップを追加し、その評価の背後にある特定の数字の詳細を表示して説明します。
  • MechLabにおける警告通信とツールチップの改善。
  • Mech Bay Storage画面にスクラップボタンを追加し、MechシャーシをStorageから直接廃棄することができます。
  • ギアコンポーネントは、コンポーネントのUI(ツールチップのみではなく)に直接統計情報を表示します。

現在の在庫と店舗での在庫数

Store and Salvage画面のアイテムツールチップに、プレイヤーが現在在庫中に持っているアイテムの数が表示されるようになりました。

いくつかの新しいイベントとイベント生成の改善

イベント追加に加えて、有効なイベントが無効になりイベント生成中に考慮されないバグの修正も含んでいます。

ウルトラワイドモニタのサポート BATTLETECHは、21:9、64:27、および43:18のアスペクト比のディスプレイをサポートするようになりました。
既知の問題:いくつかの装飾アイテムに関するバグがまだ残っていますが、うウルトラワイドサポートの需要が高いことから、これらの小さな問題は今回でのリリースを保留する必要はないと判断しました。

[WINDOWS]

BATTLETECH LauncherはBetaを終了しました。
このランチャーを使用して、ゲームを起動する前に、ボーダレスウィンドウモード、排他的フルスクリーンモード、ビデオレンダリングAPIを設定することができます。
ハードウェアまたはソフトウェアの互換性の問題が発生している場合は、これらの起動オプションをトラブルシューティングとして試すことをお勧めします。
ランチャーには、新しい自動クラッシュレポートタブも含まれています。このランチャーを使用するには:

  • GOG Galaxy: Playボタンの横にあるMoreメニューを開き、Other – > BATTLETECHの設定を選択します。
  • Steamと他のすべてのプラットフォーム:ゲームインストールフォルダからBattleTechLauncher.exeを実行します。

パフォーマンスと互換性

  • ゲーム開始フローの改善(スプラッシュ画面をスキップできるようになりました)。
  • これまでの「高画質」の設定が「ウルトラ」に変更。
    新しい「高画質」設定は、スクリーンスペースの反射を無効にし、高解像度でボリュームレンダリングを固定します。
  • フロントエンドリストインターフェイスのパフォーマンスと安定性が大幅に向上しました。
  • [STEAM]セーブゲームをリフレッシュする速度が大幅に改善されました。
  • Alt-Tabキーを押した際やタイトルのフォーカスを失ったりした場合の安定性を向上。
  • スパムクリックからの保護が強化。
  • Combat UIレンダリングの最適化。戦闘中の小さなヒッチのインスタンスを減らします。
  • 破壊システムの構築と関連する火災および煙のVFXシーケンスの最適化。
  • オーディオパフォーマンスの最適化。
  • 地形レンダリングと植生レンダリングの最適化。
  • VFXと水レンダリングの最適化。

バランス調整

  • 既存の契約ミッションの多くで、契約の実際の難しさをより正確に反映し、より一貫性のあるプレイヤー体験を提供するように難易度を調整。
  • 特定のシステムにおける契約の難易度の範囲を、1段階の髑髏アイコンではなく2段階の髑髏アイコン分へと拡大。より簡単~より難しい契約がすべてのシステムで利用できるようになりました。
  • いくつかの手続き系ミッションで補強ユニットの移動と再投入について調整。
  • マルチヒット武器(SRM、MG)のCalled Shotボーナスは、連続ショットごとに半減するように。
  • Medium Mechのスタビリティ(安定性)を100→130に上昇。安定性の回復は1.0→1.2に増加。
  • Heavy Mechの安定度を100→160に上昇。安定性回復は1.0→1.4に増加。
  • Assault Mechの安定度は100→200に上昇。安定性の回復は1.0→1.6に増加。
  • Light Mechsに対する攻撃の難易度変更は2→3に増加。
  • PPCの発熱を40→35に減少。
  • ERラージレーザーの発熱量を40→25へ。
  • ラージレーザーの発熱は30→18へ減少。
  • パルス中レーザーの発熱は25→16。
  • 中程度のレーザー発熱が10→12に増加。
  • スモールレーザーの発熱は5→6に増加。
  • AC / 2の発熱は5→4に減少。
  • AC / 5の発熱は10→8に減少。
  • AC / 10の発熱は15→12に減少。
  • AC / 20の発熱は25→24に減少。
  • LRM-10の発熱は12→10に減少。
  • LRM-15の発熱は15→14に減少。
  • SRM-2の発熱は6→4に減少。
  • SRM-6の発熱は14→12に減少。
  • Flamerのスタート弾薬数は6→4に減少。

UI

  • 「アクション後レポート」の「Mech status display」には、アーマーの上に構造上のダメージが表示されなくなり、多くのプレイヤーに混乱を招いていました(特に、アーマーの下で熱害が発生した場合)。
    これを修正し「Mech status」の表示が優先されるようになりました。
  • キーバインド中に選択状態を追加し、現在どのアクションがキー入力をリスンしてアクションにバインドするかを示します。
  • Argoアップグレードが進行中のとき、エンジニアリングルームでのコミュニケーションが改善されました。
  • カスタムの「Mech name」フィールドを16文字に標準化。
  • 入力フィールドに不正な文字(タブ、改行など)を許可しないように。
  • 新しい読み込み画面のゲームのヒント、およびいくつかの既存の読み込み画面のゲームのヒントを改訂。
  • Breaching ShotのFloatieテキストが攻撃者の代わりにターゲットに表示されるようになりました。
  • センサーロックされたフロートテキストの視認性が改善。
  • ヒールヘッドカスタマイズ画面のカラーセレクタがラップするようになりました。
  • “Travel to System”ボタンの動作を説明するツールチップが追加。
  • オプションメニューの「デフォルトに戻す」ボタンを使用する際に、確認プロンプトが表示されるように追加。
  • ストアの読み込み時間の改善。
その他AI、マルチプレイ、バグ修正の項目がありますが、おもに不具合の修正ですので割愛します。

感想など

以上、BATTLETECH 1.1.0のリリースノートでした。
かなり大規模なアップデートになっていますね。

これまで色々不安定だったところが修正されているのと、武器についても主に熱の問題にバランス調整が入っているようです。

今回AIやバグの修正もたくさんあるようですが、今後は収載された状態がデフォルトになるので、何がどう修正されたとか細かいことはあまり気にせずに新バージョンで遊んでいけば良いんじゃないでしょうか。

今回のリリースはまだベータ版ですので、もう少しすると正式な1.1.0版になると思います。

またその際は紹介してみたいと思います。

CM

BATTLETECHを買うならSteam以外にもこちらの記事でも紹介したように、

BATTLETECHを少しでも安く、そしてお得に買う方法を紹介。4つの販売サイトを比較してどこが一番優れているのかをチェックしていきます。

Fanatical

FanaticalのBATTLETECH販売ページ


Green Man Gaming

Green Man GamingのBATTLETECH販売ページ


といったキー販売サイトでセールをやっていることがあるのでオススメです。

管理人はGreen Man Gamingで購入して何の問題もなく遊んでいます。

Fanaticl、Green Man Gaming共に更に割引のクーポン等が用意されていることも多いのでぜひ活用してみてください。

※価格は随時変更されます。セールをやっていないこともあるのでご注意を。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする