BATTLETECHのDLC第2弾「URBAN WARFARE」がリリース日決定!

パラドックスよりBATTLETECHの拡張コンテンツ(DLC)第2弾となる

URBAN WARFARE

の発売が2019年6月4日と発表されました。もうあと1月ちょっとという感じです。

Steamにもページが出来ています。

パラドックスフォーラムにURBAN WARFARE関連の情報が出ていましたので紹介してみたいと思います。

It's finally time! URBAN WARFARE is coming on June 4th! So prepare to stomp through some buildings, and master the new tactical challenges of warfare...
以下パラドックス公式フォーラムおよびParadox公式オンラインショップであるパラドックス・プラザの製品ページ情報に基づく内容です。

BATTLETECH拡張 第2弾 URBAN WARFAREが6月4日にリリース

市街戦をテーマにした拡張コンテンツ(らしい…)

まずフォーラムの内容から紹介します。

It's finally time! URBAN WARFARE is coming on June 4th! So prepare to stomp through some buildings, and master the new tactical challenges of warfare...

ようやく時間が来ました!

6月4日にURBAN WARFARE(アーバン・ウォーフェア)がリリースされます!
いくつかの建物を踏みにじる準備をし、巨大な市街地で新たな戦術的チャレンジに挑みましょう!

以上となります。

情報が少ない

パラドックスのフォーラムをこれまでずっとチェックしていましたが
今回の新DLC、URBAN WARFAREに関して
詳細を説明した開発者日記、及び日記以外の公式からのお知らせはありません。

また今回のリリース決定のお知らせでも
ゲーム内容についての説明がなく
動画が1本掲載されているのみとなっています。

更に動画の内容を見たところ、いわゆるトレイラーであってイメージ集になっています。

以上から現時点でこのDLCが実際に動くゲームとして
どの様な内容であるかがあまり良くわからない印象を受けました。

パラドックスプラザの内容を紹介

Paradox社の公式オンラインショップ、
パラドックス・プラザにもURBAN WARFAREのページが登場しています。

BATTLETECH Urban Warfare brings 'Mech combat to the vast cityscapes of the Inner Sphere.

そちらの情報も紹介してみます。
以下意訳です。

市街地で一夜を過ごす

アーバンウォーフェアは内戦状態の広大な市街地におけるメック戦をもたらします!
電子戦、大規模な建物の破壊、環境力学、新たな敵部隊などにより、都市は全く新しい戦場となっています。

URBAN WARFAREは、Flashpontと次のHeavy Metal Expansionとともに、BATTLETECH Season Passにも含まれています。

以上です。

市街地での戦いをやるという内容のようですが、ストーリーが含まれるのか、単に市街戦用マップを追加しただけなのか、またバトルに何か特殊な仕組みでも設けられているのか、など期待は抱かせるものの詳細は不明です。

なおドル価格は$19.99で、日本のSteamで日本円で買う方がやや有利なようです。

感想など

以上、BATTLETECHのDLC第2弾、URBAN WARFAREのリリース日決定の紹介でした。

まだまだ不明な部分が多く、今後フォーラム等で詳細の発表があると思います。
なにか情報が入り次第また紹介してみたいと思います。

ただ、今回の情報を読んでて思ったのが、

実際はまだ完成度が低いのにリリース日だけ決めたのでは?

ということ。
情報を発表しないんじゃなくて出来ないんじゃないかという不安があります。
もしも万が一
「色んな事情でリリース日は動かせないから、出しておいて後から直せばいい」
というようなスタンスであれば発売日に買うのはちょっと躊躇われますよね。

正直なところDLC第1段のFLASHPOINTが未だに完成度が低いようで評判があまり良くありません。
FLASHPOINTの問題点もまだ残っているのに、
開発陣はその修正およびここ最近はゲーム本体も含めてアップデート作業をやっていません。

BATTLETEC開発陣は直近数ヶ月の期間でオフィスの移転を挟んでいるので
開発作業が滞っているのかもしれませんが
既存の問題の修正、そしてURBAN WARFAREの内容紹介など早く次の情報を出してほしいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする