[Mod] 命中率をリアルなものに調整する Real Hit Chance

BATTLETECHの戦闘時の命中率をリアルなものに調整するMod

Real Hit Chance

を紹介します。

Display real hit chances in the UI taking to-hit roll correction into account.
導入にはNEXUS MODSのアカウントが必要となります。
[画像はModページより引用]

Real Hit Chance 武器の命中率をリアルなものへと調整

注意事項

Real Hit Chanceの説明に入る前に注意事項です。

当記事で紹介するようなModの導入はパラドックス社公式から認められた方法ではありません。
Modの導入は全てを自己責任において行ってください。
当サイト並びに管理人はどのような状況になっても一切責任は取りません。
また導入するPCの環境等は様々ですので、Mod導入に関する質問には答えられません。

以上を理解&納得した上で以下をお読みください。

基本的にModを導入すると、
ゲームバージョンが変更になった際セーブデータが継続使用できなくなる可能性が高いです。
バックアップを取っておいたほうが良いと思います。

Real Hit Chanceの特徴

Real Hit ChanceはBATTLETECH戦闘中の武器命中率をよりリアルなものへと寄せるModになっています。

リアルとは具体的になにか?ということですが、
Mod製作者様いわく、

BATTLETECHの戦闘中に表示される命中率の数値は、命中率と比較処理が行われる前にヒットロールの修正が入るため、実際の値とは正しくないものが表示されている。
そのため、簡単な攻撃が実際より簡単となり、困難な攻撃はより難しくなっている。

とのことです。
この辺りはゲームコードの内部を見ない事には私達末端のユーザーには真偽がどうなのかはなんとも分かりませんが、製作者様の発言を信じるのであれば、結構困ったゲーム内容になってるようですね・・・。

ということで、Mod製作者様いわく、本当の命中率を見たいユーザーは多いだろうと言うことで、今回のReal Hit Chanceを作ったとのことです。

Modでは

ユーザーインターフェースに表示される命中率だけが修正されます。

Modにより命中率を上げたり下げたりするような効果はありません。

あくまでも正しい(とMod製作者様が主張する)命中率をUIに表示させるのが目的のModとなります。

Mod導入の手順

Real Hit Chanceを導入するにはModページよりファイルをダウンロードします。

そしてここからが少し複雑ですが、当Modは導入するために更に2つの外部ツール、

Harmony

A library for patching, replacing and decorating .NET and Mono methods during runtime - pardeike/Harmony

BTML

A simple mod loader and injector for HBS's PC game BattleTech. - BattletechModders/BattleTechModLoader

が必須となります。

作業の流れとしては、

1.BTMLを以下のサイトの指示に従ってインストール

A simple mod loader and injector for HBS's PC game BattleTech. - BattletechModders/BattleTechModLoader

2.当Mod、Real Hit Chanceの最新版ファイルをダウンロード・解凍

3.解凍して得られた、AA.BT.RealHitChance.dll を\BATTLETECH\Mods\へと配置

4.一旦BATTLETECHのゲームを起動して、BATTLETECH\Mods\BTModLoader.log を開きその中に “Found DLL: AA.BT.RealHitChance.dll” という記述がある事を確認&ゲームが正常に動けばOK

という流れになります。

この様にModの導入までの手順がかなり複雑になっています。
もし操作に不安を感じるようであれば導入しないほうがよいでしょう。

命中率が細かく表示される[Modページより引用]

最後に

BATTLETECHの武器命中率をリアル表示にするMod、
Real Hit Chanceの紹介でした。

リアルな数値を情報として得られることで、これまでよりきめ細やかな戦い方に繋がりそうですね。

繰り返しになりますがMod導入までの手順がかなり複雑です。
特に外部ツールの導入がやっかいなので、もしこの段階で説明ページを見ても意味がわからない・・・というようであれば導入しないほうがいいと思います。

Modというのは無くても問題ないものですし、分かる人だけが自己責任で使うもの。

無理してゲームやPCがおかしくなっては大変ですので「やらない決断・引く勇気」も大切だと思います(・_・)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする